スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シクラメンのかほり

うす紫の シクラメンほど 淋しいものはない

 

うしろ姿の 君のようです

暮れ惑う街の 別れ道には

 

シクラメンのかほり むなしくゆれて

 

季節が知らん顔して 過ぎてゆきました

 

               ++++++作詞・作曲 小椋 桂++++++++


 

ご存知 小椋 桂の『シクラメンのかほり』ですが

 

正にその通り。。。。

 

妙に納得してしまう・・・・

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

(゚-゚*)(。。*)ウンウン っていうかσ(・ω・芽)は 布施明が歌ってるものだと思ってた
違うのね(´Д`).。oO○
(。?I?)ん ? 後ろの袋は スタバ?

小椋桂も自分自身で歌ってます。
小椋桂が歌うと男性が女性を包み込むような感じで
布施明が歌うとその反対に感じてしまう。
聞き比べると面白いですよ!・・・・きっと違いますから
目聡いですねぇ♪スタバです!

そうなんだぁ φ(.. )メモシテオコウ 方や男性的 方や女性的
( ̄~ ̄;) ウーン 面白い・・・・
(^・ω・^).....ンニュニュ? (゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ やっぱしスタバだったんだww( ´艸`)クスクス

思わず口ずさんでましたo(*^▽^*)o~♪
確かに違いますよね。私は小椋桂の方が優しい感じで好きですね^^ 

芽衣0414さん
布施明の方は男性を包んでいた女性が去った感じかな(^^;

★★よもぎさん
優しさは包容力の表れですね。布施さんは情熱的な感じ。
私はどちらも好きです。
プロフィール

南十字星

Author:南十字星
管理人の南十字星です。

休日はカメラを片手に山歩きを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。